2008年09月14日

ヨルダンの旅【8】再びアンマン

お疲れサマンサ!

(今回も写真ありません。すまぬ・・・)

ジェラシュから帰ってきたばかりだが、御土産を買っておこうということになり時間もなかったので Jordan River へ行くことにした。

Jordan River Foundation
歩き方 P56

地図でみるとすぐ行けそうな感じだが、実際は坂坂坂で、相当登ります。
というか登り続けますのでそのつもりで。

高級住宅街のようなところにJordan Riverはある。

ここでオリーブオイル石鹸やら泥パックやらを買う。

死海のマリオットホテルで買うよりも相当安い。当たり前といえば当たり前だが。

参考までに

・オリーブオイル石鹸 9個入り 4.5JD
・死海の泥フェイシャルマスク 150g 4.5JD
・死海ボディマスク 500g 7.5JD
・死海ミネラルボディローションスプレー 80g 2.5JD
・死海ボディスクラブ 350g 11.25JD

な感じ。お買い得!!!

宿に戻ると ルアイさんに またお茶をご馳走になり、夕飯を食べに。

ルアイさんに おすすめのお店を聞いてみると

「もうホンモス食べたか?」

「いや、たぶん食べていない」と答える。

たぶんといったのは、その時ホンモス自体なんだかよく分らなかったからだ。

ホンモスというのは、豆をペースト状にしたもので、パンをつけて食べるものです。
見た目は豆腐みたいですが、パンにつけて食べるのですごい柔らかいチーズのような感覚です。

なら Hashem Restrant が良いぞ!とルアイさんが 教えてくれた。

後でみたら「歩き方」P65 にも書いてある。

凄い地元の人で賑わっていて、活気がある。

英語のメニューはないが、お兄さんのひとりが英語で説明してくれました。

メニューもホンモス、ファラーフェル(コロッケみたいなやつ)、フール(スープ?シチュー)、ポテトフライ、お茶、コーラぐらいしかない。

でもうまい!

俺らが食べ方を迷っていたら、店のひとが教えてくれるし、地元の名店と言われているのもうなずける。24時間営業というのも凄い!

ヨルダン料理は腹に溜まる。

すぐお腹いっぱいになってしまって、いろいろ食べたいが出来ないという嬉しい悩みが食事の度に訪れる。

そのあとビールが飲みたくなり、Salomon へ行く。

Salomon
歩き方 P66

店は薄暗く、テーブルが3つとカウンターがあるだけだ。

地元の人と思われる男が3人で飲んでいた。

ビールを頼むとビンで3JDだ。

因みにこの店沿いのちょっと奥にもビールを買える店があり、この店は照明は明るい(笑)。
(初日にいった時は、店の中をちょっと覗いたら手招きされた。
ここは酒屋みたいで中で飲んでる人はいなかった。もちろん持ち帰りした。)

疲れているせいか、アルコールがまわるのが早く、すぐいい気分になってしまったので宿に帰り、就寝。




翌日、7時に起床した。

今日は14時に宿を出て空港に行かなくてはならない。
ついにヨルダンともお別れだ。

昨日は凄い渋滞でタクシーもなかなか捕まらなかったが、今日空港に行くのにそれではマズイ。

ルアイさんに14時にタクシーを呼んでくれるよう頼んだ。

「OK。心配なし。」との返事。

そのあと恒例の「ティー飲む?」

おお!ショクラン!目覚めの紅茶はいいね〜。助かります。

30分ほどソファで紅茶飲んでまったりした。

このマンスーラは上のフロアにも部屋があり、共有スペースに大きめの冷蔵庫があるので、みんな水とかを入れてるようだ。

窓際に机とイスもあって下の階より明るくて開放的な雰囲気。

紅茶を飲みおわり、キングフセインモスクの方に散歩に出かけた。

表に出て、驚いた。車がほとんど走っていない。店も開いていない。

きっとまだ早い時間だからと思っていたが、このあと11時をすぎても店はほとんどしまっているし、車もガラガラのままだ。

なんと、金曜日はイスラムの休日なんだそうだ。

昨日はどうりで混んでいるはずだ。休み前だったからだ!

これから行く人は 「金曜日は店休み」と覚えておこう!

おいしいレストランも休みかもしれないからだ。

ということでしばらく歩き、フルーツジュースの店でマンゴジュースとザクロ(?)ジュースを買う。

マンゴジュースはおいしい!もう一個の方はマズイ。俺はほとんど飲まなかった。

妻がしばらくして気分が悪いと言い出した。

どうやら当たったようだ。

気持ち悪いというので、急遽宿へ帰る。

どこの店でも夏場の生ものは当たることもあるので注意しよう!

妻を宿におき、朝食をエルサレムレストランへ行った。

Jerusalem Restaurant
歩き方 P64 (P47地図のアルコッズ はココの事)

朝食メニューしかなかった。全てアラビア語。

店員さんに説明してもらい、卵焼きとパンとコーラを頼んだ。

ほんとは料理食べたかったが、やってないんじゃしょうがない。

「卵焼きか〜あーあ」とおもっていたら、旨い!

塩加減が抜群でフワフワしている。

なおさら肉料理とかスープが食べたかった!

次回、来ることがあれば、リベンジを誓う。

妻用に隣のお菓子屋でチーズが入ったパイみたいのを買って帰った。

結構甘いらしい。

その後、ルアイさんにアラビア音楽のおすすめシンガーを教えてもらいキングフセインモスクの通り沿いにたくさんの店が出て賑わっていたのでそこにCDを買いに行った。

ここは値段交渉を楽しもう!

CDを3枚 GET して宿に戻る。

マンスーラはチェックアウトが12時。

妻の体調の事もあったので共有スペースのソファで、紅茶を飲みながらタクシーを待った。

ルアイさんは 徹夜明けらしく、眠そうにソファでTVを見ていた。

時間通りにタクシーが到着。

空港まで 25JD と言われ、ちょっと高かったが、まあいいでしょ。

最後は ルアイさんが タクシーの所まで見送ってくれて、また次回ヨルダンに来たら寄れよと言ってくれた。

「うれしかった〜!!」

ありがとう ルアイさん!!

是非ヨルダン来たら、寄らしてもらうよ。

ショクラン。アルハムドリラ。











posted by killin at 00:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106517676
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。