2008年09月09日

ヨルダンの旅【5】ぺトラ遺跡

お疲れサマンサ!

そういえばここに日本人ひとりも泊まってないのか?

時期なのだろうか西洋人ばかりだ。

それはいいとして、ヴァレンタイン・インはぺトラまでの無料送迎が 朝6時 と 7時 と 夕方 5時 と 6時 にあるので、俺らは朝7時のに乗る事に。

まあ、この車に乗り遅れたところでそれほど問題ではない。
ここから歩いても15分くらいでぺトラにはいけるのだ。
(昨晩飲んだところはぺトラの近くのホテルで、帰りは歩いて帰った。)

車に乗って3分くらいでぺトラの入り口についてしまった。

さあぺトラにいくぞ!

入り口で1日券を買う。

21JD(約4000円)/1人

高い!

2日券が24JD。

これはなんというビジネスな値段設定!

2日券買って翌日に人に売る。そんなことも考えちゃうぞ!!

それはいいとして、入り口付近に売店がいくつかある。

そこで現地の人がやっている頭に巻く布をGET!

色は赤と白のチェック。これはヨルダンカラーらしい。

妻はカシミヤのプリティな布を買っていた。

店員にプリティなやつといったら持ってきてくれたもので,
妻はプリティかどうかちょっと悩まし気だったが、生地がよかったのと他は全然プリティっぽく無かったようで、結局コレにした。

巻き方を2人で習い、巻いたまま入場!

まず目指すは エル・ハズネ。

インディジョーンズのアレだ。

入り口からこのエル・ハズネまでは徒歩で約40分はかかる。

これは帰りの送迎車に間に合うように覚えておいてもいいかも。

(因みに俺たちは帰るとき30分とみていて、ぎりぎり車に間に合わず1時間待つことになったので。)

エル・ハズネ。ガイドブックや写真で何回もみたけど、本物はイケテル!

eruhazune01.jpg


eruhazune02.jpg


ここで朝食を摂る事に。
ヴァレンタイン・インでランチボックスを 2JD で頼めるので前日に頼んでおいたのだ。

そうすると出発前に黒いビニール袋をくれる。


lunchbox.jpg
↑これがそのランチボックスの中身。

なんか無造作に入っているが、暑いので腐らないものが入っていて2JDにしては結構いいと思う。

ランチボックスは、俺たちの朝ごはん。

で、次に目指すは、エド・ディル(Monastery)。

歩き方のP85の地図には、エド・ディルは一番奥。
その間に見所がたくさん書いてあるが、とりあえず無視!

疲れて、エド・ディルを観れなくなってはイカン!ということで1日しか観光しない俺たちは優先順位を決めておいた。

1.エル・ハズネ
2.エド・ディル
3.犠牲祭壇コース

この3つ。

朝食も摂ったし、行きますよ!

道.jpg

とはいったものの、結構遠いね。

歩きながら、沿道に見えるものはさらっと観たり、写真とったり。

途中のレストランで水を購入。

500mlが1JD。さすが観光地プライス!

そしてここから山登りが始まって 1キロくらい上るとエド・ディルだ。

俺らは11時くらいに頂上に着いたのでそれほど暑くなかったが、午後は日差しが半端ないので午前中か夕暮れがいいかもしれない。

エド・ディルのちょっと先に2箇所 VIEW ポイントがあるので、行く人はお忘れなく。

ここにも売店があるので水やジュースも買える。
ジュースは2JD。
ここまで運ぶのはさすがに大変だろうから逆に 2JD は良心的な価格だね。


ロバ.jpg
↑ロバも大変です。


エド・ディルを後にし、山道入り口のレストランまで戻り、ここで昼食に。

ビュッフェ 13JD。
ドリンク別。
選択肢なし。

まあ、少しばかりリンゴをお持ち帰りさせてもらいました。

食事して少し休んだら、もう14時すぎ。

次、犠牲祭壇に行きます!

ローマ劇場を過ぎたところまでもどり、登る。ひたすら登る。

ぺトラは登らせ遺跡だな。

「こんなに登るとは思ってなかった」俺たちはヘトヘト。

ようやく頂上らしきところに Coffee Shop の看板が。

んなバカな。こんなところにはわざわざコーヒー飲みに来ないだろ!

という疲労からの心で突っ込みをしつつ、水をGET!

「おお!生き返る!」

ここでの水は非常にありがたい。最高だコーヒーショップ!

小休憩のあと、コーヒーショップを左に出るとある石階段をのぼり、しばらく進むと、景色がバーーンと広がる。

ここはぺトラが全て見渡せる VIEW ポイント。

凄い!

ここにテントがあり、夫婦と小さな子供がいる。

kid.jpg

こんな高い所で遊んでいるこの子、パネェ・・・。

さあ、景色を堪能し、降りようと思ったら降り口が無い。

なんと、帰り道はここにはなく、一度コーヒーショップに戻ってその奥から降りるらしい。

「がんばります!」

この時間の太陽は暑い!容赦なく体力を奪うね。

さっきレストランでもらったリンゴを食べつつ降りていった。

途中にライオンモニュメントがあると思って、注意していたにもかかわらず、見つけられず(泣)

うーん、疲れていたんだろうか。

まあ、いいでしょ。

地上に降りたのぱ 16時頃だったか。

このとき露店も片付けをしていて 観光客も見当たらなかった。


roten.jpg
↑出口の最後にある御土産屋。


ローマ劇場のメインルートに出るには、まだ少し道のりがあるが、正直誰も居ないので帰り道が分らず、足元のラクダの足跡と車の跡を目印に歩いた。

10分くらいでなだらかな丘の上に出たので、メインルートを目視できた。

良かった良かった。

帰りは急いだのに送迎車に間に合わなかったので、オープンカフェで時間をつぶし18時のを待つことに。

cafe.jpg
↑カフェ


menu.jpg
↑MENU

送迎車は18時1分に来て、18時3分に出発。

「もうちょっと待ってやれよ(笑)」

で、宿に到着。

今晩もヴァレンタイン・インに泊まります。

なんてったって4JDの夕食が楽しみ。

シャワーを浴びて19時ぐらいに1階におりてビールを飲む。

いやーいけてます!

beer.jpg
↑ビール


しばらくするとメインテーブルに料理がどんどん運ばれてきて、30皿は並んでいる!

凄い!

で、最後にでかいピラフの山にチキンがどっさり入っているのが出てきた!

旨かった!これで4JDならお得ですな。アニータやるね!

さあ明日はいよいよワディラムだ。

夕食前にHさんの分もツアーの申し込みをしておいた。

Hさんはぺトラムーンホテルというところに泊まっていたが、朝行くときに彼をピックアップしてとお願いしたらOKだったので助かった。
はじめアニータに頼んだら、駄目みたいな事をいわれてのでおっちゃんに頼んだら余裕でOKとの事。
そう、アニータはちょっと難しいところがあるんだよな。
笑顔をあまり見せてくれない。
もしや、俺たちだけだったりして・・・。

明日の砂漠の為に早くねようっと。



posted by killin at 02:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106259607
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。